少し早めの売却活動で高値売却成功率アップ – 足立エリア専門不動産売却査定センター

マイページログイン

足立エリア専門 不動産査定センター

0120-326-021 来店のご予約・お問い合わせ

少し早めの売却活動で高値売却成功率アップ

少し早めの売却活動で高値売却成功率アップ

この記事の概要

何事にもゆとりを持つことは大切です。
不動産の売却も同じです。
販売期間にゆとりを持つことで、高く売却できる可能性がアップします。
こちらでは、ゆとりを持ったスケジュールで販売活動を始める大切さと、予定よりも早く契約になった場合の対処法をご紹介していきます。

早めの売却活動スタートのメリット

高値売却のコツとして、早めに売却活動をスタートさせることをおすすめしています。
理由は2つ

1)チャレンジ価格・売出推奨価格からスタートできる

イメージ

仮に売却活動期間が3カ月有るとします。
その場合、最初の売り出し価格は高く設定します。
時が経過し売れなかった場合、2週間や3週間単位で細かく価格を下げていきます。
細かく下げられる事で、「この価格なら買える!」という買主様を見つける事ができます。

イメージ

2)周辺類似物件安売りを回避し売主様の物件の見劣りを防ぐ

買主様は半年から一年にかけて住みたいエリアの物件情報を集めます。
安い価格で売却事例ができてしまいますと、買主様はその安い相場価格で今の価格を判断してしまいます。昨今では住宅ローン支払い難の方が競売で安く売りに出す場合があり相場が落ちてしまっているエリアがあります。
よって、そのエリアでは高く売り難い状況になります。これからもこういうパターンは増えてくるかもしれません。そうなる前にお早目の売却活動をおすすめします。

遅い売却活動スタートのデメリット

売却活動期間が短いと、あらかじめ低めでスタートして短期間で大幅に下げる事になります。
徐々に下げられないため、なるべく高く売る事ができません。

イメージ

売却活動スタートの1カ月前からのご相談を

準備して頂く必要書類や事前のトラブル対策などで1カ月程準備に時間がかかる場合があります。
また、相続等で権利関係が複雑な場合は、準備に半年から1年かかる場合もございます。
不動産売却のご相談=売却活動ではございません。
売主の皆様は訪問査定から半年後一年後に売却スタートをさせる場合が多いです。
是非、早めにご相談頂ければと思います。

予定よりも早く契約に至ってもご安心下さい

早く売却活動をスタートして予定よりも早く契約になってしまう場合でも、売主様の引き渡し希望日で大丈夫です。 それは広告を出す際に買主様への引き渡し時期を予め告知し、契約時の書面にも、その予め決めた引き渡し時期を明記し、引き渡し時期を調整できるからです。
例として契約から半年後の引き渡しなどございました。

まとめ

売却予定時期の一年前からでもご相談ください。
ゆとりあるスケジュールで、なるべく高い価格の成約が目指せます。
予定よりも早い成約でも、買主様への引き渡し時期を調整できます。

もしこの記事で分からないことがあれば、お気軽にご連絡下さい!

住まい&スマイルでは、不動産売却ノウハウが多数あり、お客様に最も賢い売却方法をご提案しています。

ネットでかんたん売却査定 不動産査定AIが即査定額をお答えします 無料

※ かんたん査定は物件データベースを元に自動で価格を計算し、ネットで瞬時に査定結果を表示させるシステムです。