不動産売却期間の相場はどのくらいか? – 足立エリア専門不動産売却査定センター

マイページログイン

足立エリア専門 不動産査定センター

0120-326-021 来店のご予約・お問い合わせ

不動産売却期間の相場はどのくらいか?

不動産売却 不動産売却期間の相場はどのくらいか?

この記事の概要

不動産売却を検討している人にとって、売却スタートしてから住み替えできるまでの期間は気になりますよね。
実際には売却を開始してみないと分からないのものですが、⼀般的な売却期間は把握しておきたいですね。
ここでは不動産売却に要する⼀般的な期間と販売が長期化してしまう原因などもご紹介していきます。
不動産売却をするのであれば、スムーズに問題なく進めていきたいと思います。
期間と注意ポイントを参考にしていただければと思います。

不動産売却の平均期間

イメージ

不動産売却を決めてから実際に引き渡すまでにかかる期間は、平均2ヶ月~6ヶ月程度と言われています。もちろん、もっと早く完了する事もあれば、6ヶ月以上かかる場合もあります。
では何故、売却期間が変化するのか?そのポイントについてみてみましょう。

Point1 販売価格と相場価格とのずれ

イメージ
販売価格が相場価格より高いと売れません

不動産は需要と供給のバランスで価格が決まってきます。
「坪単価」という言葉があるように、地域性によって「⼀坪あたり〇〇万円」という相場の値段があります。

不動産を購入しようとする人は、まず希望の地域で販売されている物件を比較して、「この物件は高い、この物件は安い」という判断をします。
難しいポイントとしては、売却する売主側にとっては「高く売りたい」という気持ちが強く先行するので相場よりも高値で販売してしまうことが多くなります。もちろん、最初は相場よりも高めに価格設定するというチャレンジ的な戦略もあります。
また、不動産会社が査定する際に“売主様が喜ぶ”というだけで的外れな高い価格設定をしてしまい、結果として販売が長期に⾄ることも珍しくありません。

Point2 需要性

イメージ
需要性がなければ売却期間が長期化

不動産はその地域の需要性により売却スピードが変わります。
例えば、「最寄り駅から遠い」「スーパーやコンビニが近くにない」「周辺環境がうるさくて落ち着けない」などの悪条件があると購入希望者は敬遠して需要が低くなります。

誰もが求める人気の立地と、そうでない立地とでは求められる絶対数が違います。
当たり前のことですが、需要が高ければ短期で販売できる事になります。
しかし立地条件そのものを改善することはできないので、価格や販売方法などで差別化をして粘り強く販売していくことがポイントになってきます。

Point3 物件の特性

イメージ
物件自体に難点がある場合は売りづらくなる事もあります

物件自体の難点というと、「売りづらいデメリット箇所」になります。

例えばこのようなケースがあります。

  1. 道路が私道で権利を所有していない
  2. 地盤沈下を起こした物件
  3. 雨漏りがある建物
  4. 極端に変わった間取り
  5. 線路・踏切の隣接地
  6. 墓地などの隣接地
  7. 事故物件

決して売れない訳ではありませんが、売るための工夫が必要となってきます。
対策としては、販売力、提案力がある不動産会社に頼る事をお勧めします。
デメリットがある場合の売り方を考えることがポイントになってきます。

Point4 販売力の有無

イメージ
販売力がない会社では売却が長期化します

売却の委任を頂いた後、不動産会社は売却活動を行いますが、売却活動の内容と濃さ、販売力の強さについては会社によって差があります。
主にどのような部分で差が生まれるのかをまとめてみました。

企業の信頼性

不動産を販売する企業のネームバリューと信頼性は重要です。
不動産業者というだけでネガティブなイメージを持たれがちですので、この会社なら大丈夫だろうという安心感があるかないかでは集客性に差が出てしまいます。
また、地元密着の安心感や地元での知名度も必要です。

広告活動の違い

不動産の販売方法の王道は広告掲載により買主様からお問い合わせをいただくこと。
基本中の基本ですので、どの不動産会社でも売却委任を頂いた際には広告掲載をします。
しかし、広告と言っても範囲が広く、どのお客様がどんな媒体からお問い合わせにつながるか完璧には読めません。ですので、販売する時には確率を上げるために沢山の広告媒体に物件情報を掲載します。多くのお客様の目に触れなければチャンスを逃す事になってしまいます。

広告内容・質の違い

上記のところでは、広告の間⼝を広げる事についてお話ししました。
しかし、広告の間⼝を広げる意外にもう⼀つ忘れてはいけないのが「広告の質」です。
どんなに沢山の媒体に掲載したとしても、写真写り、コメントなどを疎かにしていては良い物件もよく見えなくなってしまいます。
お客様の購買意欲を掻き立てるような広告作りができる事も重要なポイントです。

営業力の違い

広告からお問い合わせをいただくまでのことも重要ですが、お問い合わせ後はここからが本番となります。不動産会社の営業力とは提案力になります。
どの不動産にも必ず長所と短所があり、短所と思える事でも見方を変えれば長所として感じれるような提案力が不動産営業には求められます。例えば、日当たり弱い物件だったとしても、駅に近い、⼟地が広いなど、その他の良いポイントを説明できるかどうかが営業力になります。日頃から沢山の取引件数をこなしている会社でないと営業力は磨かれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。 不動産売却については、とても早く契約になることもあれば長期化してしまう場合もあります。大事なことは売主様が客観的に対象不動産を判断できるかどうかです。
そのためには信頼おける不動産会社の担当者からのアドバイスが重要になってきます。
弊社では、お客様の売却希望期間に合わせたスケジュール設定を定め、販売状況を踏まえた上で価格設定のご相談を行うなど、販売期間の透明化を行います。
「いつ売れるのかわからない」という不安がないように売却のお⼿伝いをさせて頂きます。

もしこの記事で分からないことがあれば、お気軽にご連絡下さい!

住まい&スマイルでは、不動産売却ノウハウが多数あり、お客様に最も賢い売却方法をご提案しています。

ネットでかんたん売却査定 不動産査定AIが即査定額をお答えします 無料

※ かんたん査定は物件データベースを元に自動で価格を計算し、ネットで瞬時に査定結果を表示させるシステムです。