「お客様がいます!」のチラシや電話は本当? – 足立エリア専門不動産売却査定センター

マイページログイン

足立エリア専門 不動産査定センター

0120-326-021 来店のご予約・お問い合わせ

「お客様がいます!」のチラシや電話は本当?

不動産売却 「お客様がいます!」のチラシや電話は本当?

この記事の概要

お宅のポストに「お客様がいます!」「売り求む!」「あなたの物件を購入したい人がいます」といった不動産会社のチラシが投函されていたことはありませんか?あるいは、電話などで同様のことを言われたことがある方もいらっしゃるかもしれません。
「すでに買主さんの当てがあるのなら……」とお任せしたくなるかもしれませんが、実はこのようなチラシや話が信用できるとは限りません。実際には具体的に検討している買主様がいないにも関わらず、あたかも「すでに買主がいる」と売却を迫る不動産会社もあるのです。

「お客様がいます!」の裏側

イメージ

不動産を売るということは、買主様を見つけるということ。すでに購入を検討してくれている人がいるとすれば、売却を検討している方にとっては非常にありがたいことですよね。
しかし残念ながら「お客様がいます!」というチラシや連絡の多くは、このような売主様の心理に漬け込んだ不動産会社の集客テクニックです。不動産業界では「売り求むチラシ」と言われています。

実際に売却を任せるとどうなる?

実際にこのような不動産会社に任せて売却活動を開始したとしても、次のような理由をつけられ「いたはずの購入希望者」が現れないことが多いものです。

  1. 買主様のローン審査が通らなくて……
  2. ちょうど他の物件を購入されてしまったようで……
  3. 遠方にお住まいなのでなかなかスケジュールが合わなくて……

要は、最初から購入検討者なんていなかったということですね。
私たちも同業者ですから、全てが全て嘘ではないと信じたいところですが「売り求む」の手法は不動産業界で古くから使われており、いまだ横行されているのが事実です。

「囲い込み」のリスクも

囲い込みイメージ

「実際には買主なんていなかった」だけなら、その不動産会社と解約すればいいだけの話。しかし「お客様がいます」の話を鵜呑みにしてしまうと、さらなるリスクもあります。

「お客様がいるから……」を信じた売主は囲い込みやすい

さらなるリスクとは「囲い込み」されてしまうこと。囲い込みとは、他の不動産会社に物件情報を開示せず、自社だけで買主様を見つけようとする行為です。買主様が見つかるチャンスがそれだけ狭まるということですから、売主様にはデメリットでしかありません。
残念ながら、違法なやり方で成功報酬である仲介手数料を売主様、買主様の双方からもらいたいと考える不動産会社も、いまだに存在しています。
不動産会社にとって「お客様がいます!」を信じた売主様は、囲い込みがしやすいもの。このようなチラシや連絡が来た不動産会社と専任媒介契約を締結するのは、とくに慎重になるべきでしょう。

専任媒介契約とは?

「他社と媒介契約ができない」という縛りがある媒介契約。

イメージ

「お客様がいます!」の連絡やチラシが気になるなら……

「お客様がいます!」と連絡してきた不動産会社が気になる……ということはあると思います。
ただ、実際に売却を依頼するとしても「長期間」にわたって「専任媒介契約」を締結することは避けるべきでしょう。
たとえば「1ヶ月限定」で「一般媒介契約」を締結したとすれば、同時に他の不動産会社に売却を依頼することもできますし、1ヶ月以内に不動産会社の言うところの「お客様」が出てこなければ解約できます。

まとめ

優良な不動産会社は、自社の「売却力」をアピールするものです。「お客様がいます!」というのが100%嘘とは言い切れませんが、事実として、自社の能力やサービスに自信のない不動産会社が行う悪質な集客戦略です。
「本当に購入検討者がいるか試してみたい」という方は、悪徳業者だった場合でも被害を最小限に留められるよう「一般媒介契約」を「短期間」で締結することをおすすめします。

もしこの記事で分からないことがあれば、お気軽にご連絡下さい!

住まい&スマイルでは、不動産売却ノウハウが多数あり、お客様に最も賢い売却方法をご提案しています。

かんたんAI査定 不動産査定AIが即査定額をお答えします 無料

※ かんたんAI査定は物件データベースを元に自動で価格を計算し、ネットで瞬時に査定結果を表示させるシステムです。