土地の需要 – 足立エリア専門不動産売却査定センター

マイページログイン

足立エリア専門 不動産査定センター

0120-326-021 来店のご予約・お問い合わせ

土地の需要

不動産売却 土地の需要

この記事の概要

弊社では土地の売買が順調に伸びています。
こちらでは、土地を求めている買主様の現状と、弊社の土地売買のスキルをご紹介しています。

土地を求めている買主様の現状

イメージ

今、このようなお考えをお持ちの買主様が増えております。

テレワーク化による仕事スペース確保のためもう一部屋欲しい

昨今ではテレワーク化が進み会社への出社が月に数回や数カ月に1回の方が増えてきました。

ウィルス対策のため玄関スペースに手洗い場が欲しいが場所が取れない

これまでもですがこれからもウィルス対策は必須になると思います。できれば、玄関を潜ったらまず手洗いをしたい方が増えてきました。

家族が集まるリビングとキッチンだけは拘って作りたい

昔から周りと違う個性のある住まいを希望されている買主様は一定数いらっしゃいましたが今は更に増えております。

新築の建売住宅の供給不足で住みたいエリアに住めない

昨今、新築一戸建ての供給が少なく以前は物件が完成しないと売れませんでした。しかし今では我先にと更地の状態でも契約する買主様が増え更に手に入れにくくなっております。

建売と注文住宅の価格

建売は、完成してから大工さんに建築代金を支払います。
よって、建築途中には大工さんに建築費用を支払う義務がないため、販売に焦りが無く、相場よりも高い金額で販売しております。

イメージ

対して注文住宅では、建売と変わらない建築費で、建築できる商品が市場に浸透し、建売を購入しても、注文住宅を購入しても、価格に差がなくなってきております。

建売を買うなら注文住宅

イメージ

住みたい場所・好きな間取り・拘りの設備を、建売と同程度の価格で購入できるなら、注文住宅ですよね。
もう一つ建売は、完成した状態を見学して購入できるメリットがございましたが、今は更地の状態でも売れてしまい、そのメリットもございません。

土地の売却に自信があります

イメージ

実は土地を売却するにはコツがあります。
それは買主様がその土地に家を建てて住んだイメージを持ってもらう事です。
営業スタッフが買主様に「こちらが土地です」と言うだけでは売れないのです。

弊社は、土地と家の間取りのご提案と、土地建物の総費用も合わせて、ご提案して成約率を高めております。

中古一戸建てとして販売し難い物件は土地として

築年数がかなり経過して、そのままでは住めない建物の場合は、上物付き売地としてご案内させて頂く事があります。

  1. イメージ
  2. イメージ

通常の土地取り引きでは、建物が無い更地の状態で販売し、買主様にお引き渡します。
建物がある場合は、売主様のご負担で建物を解体して、更地の状態で販売活動に入ります。

イメージ

しかし、解体費用は売主様にとって大きな負担になります。売れるかどうか分からない状態で、解体費用の捻出はなかなか難しいです。
そこで、建物は解体せず、残したまま土地として販売します。
その場合、通常の売値から建物解体費用を差し引いた価格で販売します。
広告では上物付きの売地としての販売となります。
買主様にお引渡し後、買主様の負担での解体となります。
尚、稀にかなり古い建物でも、そのまま使いたい買主様がいらっしゃいます。
よって、土地としても中古一戸建てとしても広告を出す場合があります。

まとめ

建売の新築一戸建てはメリットがなくなり、土地を購入して注文住宅を建築する買主様が増えております。
土地として販売する際、建物を解体せず上物付き売地として売却する事も可能です。
その場合は、同時に中古一戸建てとしても販売する場合がございます。

もしこの記事で分からないことがあれば、お気軽にご連絡下さい!

住まい&スマイルでは、不動産売却ノウハウが多数あり、お客様に最も賢い売却方法をご提案しています。

ネットでかんたん売却査定 不動産査定AIが即査定額をお答えします 無料

※ かんたん査定は物件データベースを元に自動で価格を計算し、ネットで瞬時に査定結果を表示させるシステムです。